ディスクロージャーポリシー

1.基本方針

 昭和電線ホールディングス株式会社(以下当社という)と昭和電線グループ(以下当社グループという)は、株主・投資家をはじめ全てのステークホルダーのみなさまから正しく理解され、評価され、信頼され、共感される企業になるため、積極的に情報開示を行います。当社グループについての理解を深めていただくとともに、みなさまのご意見は積極的に経営に反映させていただきます。
 当社は金融商品取引法および東京証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」)に従って、情報開示を行っております。また、適時開示規則に該当しない情報であっても、株主・投資家のみなさまの投資判断に影響を与える情報については、当社グループが定める「昭和電線グループ情報開示規程」に従って、積極的かつ継続的に開示します。 特定の機関または個人に対して、未公表の重要情報を選択的に開示することを避け、公平かつタイムリーな情報開示に努めます。

2.情報開示の方法

 投資判断に重要な影響を与える情報は、正確かつ公平に情報が伝達されるよう配慮します。このうち、適時開示規則に該当する情報は、同取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において公開するとともに、速やかに当社のホームページに掲載します。
 また、適時開示規則に該当しない情報や当社グループのCSR活動等の非財務情報につきましても、ステークホルダーのみなさまの理解促進に役立つ情報は、当社ならびに当社グループのホームページに掲載するなど、フェア・ ディスクロージャー・ルールに従いながら、公平かつ積極的に開示・発信していきます。

3.沈黙期間

 当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表直前に「沈黙期間」を設け、決算に関するコメントや質問への回答を控えさせていただいております。なお、沈黙期間とは各決算期の決算発表日前、約1か月とさせていただきます。 ただし、「沈黙期間」中であったとしても、適時開示規則に従い、業績予想や配当予想の修正等に関する適時開示を行うことがあります。

4.業績予想および将来の見通しについて

 当社が開示する当社および当社グループの計画、将来の見通し、戦略などは、開示時点において入手可能な情報による判断および仮定に基づくものであり、将来の計画数値や施策の実現を確約、または保証するものではありません。実際の結果は、経済情勢や市場環境の変化等によって、これらの見通しとは大きく異なる可能性があります。当社といたしましては、将来見通しの精度を高めるための努力をするとともに、見通しの変化が生じる場合には適時開示いたします。

5.IR体制

 経営企画部門を所管する執行役員をIR担当執行役員とすることとしております。
 IR担当執行役員が責任者となり、経営企画部門に所属するIR専任担当者がその窓口となり、必要に応じて経理・財務部門、法務部門、CSR部門等と情報交換を行うなどして日常的に連携しながら対応することで、株主・投資家のみなさまとの対話がより充実したものとなるように努めています。