冨士電線(株)Cat.8規格対応LAN用ツイストペアケーブル(F/UTP)の開発に成功

冨士電線株式会社

Cat.8規格対応LAN用ツイストペアケーブル(F/UTP)の開発に成功

 冨士電線株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:兒玉喜直)は、本日発表した高速LAN用ケーブルの新ブランド『FLANTECTM(フランテック)』の新ラインナップとして、40Gbpsの伝送が可能である、Cat.8規格に対応したLAN用ツイストペアケーブル(F/UTP)の開発に成功しました。これまでは、周波数帯域が500MHz10Gbps伝送用Cat.6A対応ケーブルが最高速度でしたが、本ケーブルはCat.6A4倍である2,000MHzまでの周波数帯域において安定した電気特性を実現した事で、40Gbpsという高速・大容量伝送が可能となります。今後は製品化を進め、年内の製品リリースを目指します。

P210831E.jpg

P210831F.png

▉ 開発の背景

 5Gサービスの普及やIoTの浸透を受けて、ネットワークトラフィック全般が増加し、データセンター増強の需要が増えています。そんな中、データセンター配線では、更なるデータの高速・大容量化が求められており、メタルケーブルで40Gbpsの高速伝送に対応すべく新たなカテゴリーとしてCat.8規格が制定されています。この規格では、周波数帯域2,000MHzまで要求されており、本ケーブルは、これまでのCat.5eCat.6A遮へい付きケーブルと同様の一括フォイルシールド(F/UTP)構造で、この規格に満足している事を確認しました。

▉ 新製品の特長

25G/40GBASE-T対応
  本ケーブルの伝送速度は40ギガビットであり、Cat.6Aの最大4倍となります。

ANSI/TIA-568.2-D-2018 Category 8規格対応
 ANSI/TIA-568.2-D規格はツイストペアケーブルを使用した配線規格となっており、本ケーブルはその配線規格で定められているCategory 8規格(Cat.8規格)に満足しています。なお、ANSIは米国国家標準機関を、TIAは通信工業協会を表します。

最大配線長25
 本ケーブルは最大25mまでの配線が可能となります。

一括フォイルシールド付きケーブル(F/UTP)
 本製品は一括のフォイルシールド(F/UTP)構造の為、Cat.5eCat.6A遮へい付きケーブルと同様に国内で最も汎用的なRJ-45コネクタが取り付けられる構造となっています。

Cat.8チャネル特性を十分満足したRJ-45プラグ両端加工品にて販売
 工場で加工・品質評価したものを出荷する為、信頼性が高いです。また、現地でのコネクタ加工が不要となり、配線時の機器等への接続が容易です。

▉ ケーブル構造・主要電気特性
ケーブル構造
 
項目 仕様
サイズ(AWG)×対数(P 24×4
外被色(標準) 薄青
仕上外径(約mm 7.5
概算質量(kg/km 50
主要電気特性
試験規格:TIA Cat.8 Channel
項目 仕様(Worst Margin
挿入損失(dB) 7.5
RL(dB) 11.2
NEXT(dB) 11.1
ACRF(dB) 7.0

P210831G.png

P210831H.png

P210831J.png

P210831K.png

※上記電気特性は代表値であり、保証値ではありません

(参考情報)
・高速LAN用ケーブル新ブランド戦略導入について『FLANTECTM(フランテック)』始動
https://www.swcc.co.jp/hd/news/detail/2021/news_3712.html

以上

【本件に関するお問合わせ先】
~照会先~
冨士電線株式会社 東京事務所
TEL:03-5217-0911 
~報道機関お問い合わせ先~
昭和電線ホールディングス株式会社 経営戦略企画部 戦略課 IR・広報グループ
TEL:044-223-0520 FAX044-223-0547

Cat.8規格対応LAN用ツイストペアケーブル(F/UTP)の開発に成功PDF