地域との関わり

基本的な考え方

 昭和電線グループは、社会貢献活動を広く推し進めるべく、活動の基本となる「社会貢献活動方針」を策定しました。ステークホルダーの皆さまに信頼・感動していただける企業の実現に向けて、本方針のもと、社会貢献支援制度など社内の基盤作りを順次進めています。

昭和電線グループ 社会貢献活動方針

昭和電線グループは、持続可能な社会の実現に向けて、従業員ひとり一人が社会貢献に対する高い意識をもち、製品・サービスおよび従業員の行動を通じ価値のある多様な活動を推進します。

社会福祉法人中央共同募金会より感謝状

 昭和電線グループは、2020年3月に新型コロナウイルス感染症対策で行われていた全国の臨時休校処置に対し、児童や保護者への支援活動に役立てていただくため、社会福祉法人中央共同募金会を通じて寄付を行いました。
 これからも昭和電線グループでは、さまざまな社会課題に対し、積極的な支援活動を進めていきます。

赤い羽根 臨時休校中の子供と家族を支えよう 緊急支援

感謝状

かながわアップサイクルコンソーシアムへの参加

 (株)SDSでは、神奈川県のSDGsの取り組みの一つである「かながわアップサイクルコンソーシアム」に参加しています。
 本コンソーシアムは、石灰石を主原料とし、紙・プラスチックなどの代替素材となる「LIMEX(ライメックス)」を活用したアップサイクルの仕組みづくりを推進するもので、行政・学校・団体などの多様なパートナーとともに神奈川発のアップサイクルモデルの構築を目指しています。
 2020年の取り組みとして、県内のアウトレットモールで使用されているLIMEXカップの回収について(株)ロジス・ワークスとともに定期回収のスキームを提案し回収業務の一端を担っています。

LIMEXカップ
LIMEXカップ
かながわアップサイクルコンソーシアム