事業内容 事業スタイルを変える。事業バリューを広げる。 4つの事業フィールドから、お客さまと社会の夢に応えるセグメントスタイルへの挑戦

電線・ケーブルを中心とした技術は、普段人の目には見えません。しかし、裾野は広く、産業・社会の多様なフィールドでニーズがあり、より豊かで快適な世界をつくりだす欠かせない存在です。昭和電線ホールディングスでは、電線・ケーブルというフィールドで豊富に培った技術と叡智を最大限に発揮し、持続可能な社会に貢献していくために、2019年4月から製品軸ではなくマーケットベースによる4セグメントの事業体制をスタートしました。

エネルギー・インフラ事業

昭和電線グループの中核を担う基盤事業。
コア技術のDNAを継承し、
さらに豊かな社会基盤づくりを推進。

超高圧ケーブル、電力用機器部品(SICONEX®)、架空送電線、産業用電線・ケーブル、消防用ケーブル、電設資材、免震・制振・防振

昭和電線グループの基盤事業であり、創業以来電線・ケーブルを中心とした製品を世の中に送り出し、世界のインフラを支えています。既存事業の拡大と次世代の価値創出に挑んでいく。それが、エネルギー・インフラ事業のミッションです。発電所から家庭までをつなぐ多彩な製品、地震や火災などの災害から人命やインフラを守る製品も扱っています。電力ケーブル、電力機器製品、免震製品などを時代のニーズに適合させ、新しい時代を支える高品質な製品、ソリューションを追求。注力製品である「SICONEX®(サイコネックス)」を中心とした「つなぐ」新ビジネスモデルを推進していきます。今後も製品の製造から工事、メンテナンスまでワンストップで対応できるグループ連携力を基盤に、他社との協業も積極的に推進していきます。独自技術、競争力のある製品を互いに持ち寄りながら事業を取り巻く各種課題に応えるイノベーションを実現し、「ものづくり」を通じて社会に貢献していきます。

通信・産業用デバイス事業

高速大容量通信の時代を、
多彩なデバイスソリューションでリードする。

光ファイバケーブル、 LANケーブル、ワイヤハーネス、複写機用ヒートローラ

変化が激しい情報通信の世界で、コミュニケーションの新たな価値創出に挑んでいく。高速大容量化する情報通信のニーズに応えていくことが通信・産業用デバイス事業のミッションです。 通信・産業用デバイス事業では情報通信に不可欠な通信ケーブルをはじめとし、家電・電子機器内のワイヤハーネス、複写機用部品、 FA用ケーブルなど多種多様な分野のデバイス製品を提供。その活躍のフィールドは多岐にわたります。 さらに国内外のグループ企業、パートナー企業と連携することで、最新の生産技術を多様な製品開発に応用する大きな変革を加速しています。人と人、人とモノ、モノとモノがあらゆる場所でつながる時代。豊富な技術と経験を発揮しながら、多彩なデバイスソリューションのさらなる高品質化、高付加価値化を推進し、つながる社会の進化を支えていきます。

電装・コンポーネンツ事業

独自技術の強力な優位性を活かし、
世の中の進化を加速する。

無酸素銅、銅銀合金、各種巻線、リッツ線

高品質な性能を有する素材の技術を核に、成長市場における圧倒的な地位確立に挑んでいく。それが電装・コンポーネンツ事業のミッションです。 自動車部品・電子部品に使用され、素材から製品まで一貫して扱っています。なかでも、強い競争力を発揮しているのが日本唯一のディップ・フォーミングシステムにより製造される無酸素銅 「MiDIP®(ミディップ)」。自動車の電動化、EVシフトの需要を受け、期待されている製品です。また高強度、高導電率、耐屈曲性に優れた「銅銀合金」は医療器具の高度化に最適な素材として高い評価を得てい ます。 今後も拡大する自動車や医療分野に大きく関わり、国内マーケットのみならず海外に視野を広げて製品競争力を一層強化していきます。グループ会社間で連携し、クオリティ、コスト、スピードを三位一体で革新しながら、お客さまの期待と要望に応えていきます。

新規事業

成長市場をターゲットに、
社会イノベーションを力強く支える。

ワイヤレス給電コイル、車載アルミケーブル、
ロボット用ケーブル、超電導製品

変化する社会を捉え、既存事業での新しいビジネスモデルの展開と新規製品・技術の開発を推進し、 新たな価値創出に挑んでいく。それが新規事業のミッションです。 特に注力分野として捉えているのが、成長市場として注目を集める自動車、FA、医療、AI、ロボットの分野です。例えば自動車分野。世界的EVシフトと自動運転技術が急速に進化している中で、車載アルミケーブル、ワイヤレス給電コイル、高速伝送ケーブルなどグループの技術力を結集して付加価値のある製品を開発しています。また、今後は次世代新幹線向けの製品拡充や、超電導製品の商用化に向けた取り組みを進めていきます。 昭和電線グループが培ったコア技術を既存の領域から新しい領域へ進展させます。他の事業セグメントと連携しながら、既存の仕組みや慣習にとらわれることなく付加価値の高い製品とソリューションを開発し、昭和電線グループの新しい可能性を創っていきます。