連結会社間の合併に関するお知らせ

2020年09月14日

 昭和電線ホールディングス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:長谷川隆代)は、昭和電線ケーブルシステム株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:川瀬幸雄)の子会社である株式会社ロジス・ワークス(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:佐久間寛(以下、「ロジス・ワークス」))と昭和リサイクル株式会社(本社:神奈川県相模原市、代表取締役社長:横山浩之助(以下、「昭和リサイクル」))間にて202171日を効力発生日(予定)として、ロジス・ワークスを存続会社、昭和リサイクルを消滅会社とする吸収合併を実施することを決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

1.合併の目的
 昭和電線グループのガバナンス強化および経営効率の向上を目的とし、グループの物流会社であるロジス・ワークスと電線リサイクル会社である昭和リサイクルを合併し、基盤事業の更なる効率化による収益性の向上を図って参ります。
 さらには、両社各々で行ってきた電線用ドラム・パレットの製造・リサイクル業務と、電線のリサイクル業務を統合することにより、相乗効果を高め、ゼロエミッションへの追求をさらに強化し、循環型社会の実現と地球環境保全、資源保護への貢献を推進して参ります。

2.合併の要旨
(1)合併の日程

  合併期日(効力発生日) 2021年7月1日 (予定)

(2)合併の方式

  ロジス・ワークスを存続会社、昭和リサイクルを消滅会社とする吸収合併。

3.合併当事会社の概要(2020914日現在)

存続会社 消滅会社
(1) 商号 株式会社ロジス・ワークス 昭和リサイクル株式会社
(2) 所在地 神奈川県川崎市川崎区日進町 1-14 神奈川県相模原市中央区南橋本 4-1-1
(3) 代表者 代表取締役社長 佐久間 寛 代表取締役社長 横山 浩之助
(4) 事業内容 1) 貨物運送事業
2) 電線用ドラム・パレット製造販売
3) 各種梱包・荷造り作業
4) 古物営業法に基づく古物の売買
1) 廃電線の購入、解体加工
2) 被覆材料の加工、販売
3) 産業廃棄物の中間処理業
(5) 資本金 95百万円 20百万円
(6) 株主 昭和電線ケーブルシステム株式会社 100 昭和電線ケーブルシステム株式会社 100

4.今後の見通し
 本合併は、当社連結会社間の合併であるため、当期の当社連結業績に与える重要な影響はございません。

                                      以 上

【本件に関するお問合わせ先】
昭和電線ホールディングス株式会社  事業戦略統括本部 経営企画部 IR・広報課
TEL:044-223-0520 FAX044-223-0547

連結会社間の合併に関するお知らせPDF