免制震デバイス:免震部材:免震アイソレータ

免震アイソレータ

4秒免震を実現した昭和電線の免震アイソレータ

・ゴム材質は天然ゴムを使用し長期間安全に支承し、水平変形に座屈しない安定な構造
・鋼板露出型の成型により、品質管理が容易
・保護ゴム後巻型により耐久性が向上

製品写真

製品特長

安定な構造

・昭和電線の免震アイソレータは、限りなく天然ゴムに近いゴム材料と、一次形状係数(S1)≒31、二次形状係数(S2)≒5の形状を採用することにより、建物荷重を長期間安全に支承し、地震時の水平変形に座屈しない安定な構造です。

被覆ゴム後巻型

・被覆ゴム後巻型は、各ゴム層および中間鋼板の整列が一目でわかるため、品質管理が容易です。
また、成型時の熱伝導が従来に比べて均一化されるため、各ゴム層に加わる熱履歴が均質化され、良好な特性と接着性能を得ることができます。
安定した形状との相乗効果により、積層ゴムの命である荷重支承能力、安定した変形、そして水平剛性の面圧依存性が極めて小さい製品を実現させました。

D-101_01.jpg

ゴム巻き付け前

D-101_02.jpg

ゴム巻き付け後

仕様

規格 国土交通大臣指定建築材料

用途

低層建築物や、高層建築物、軟弱地盤上の建物等
特徴 ・免震アイソレータは建物の荷重を支承し、地震時には水平方向に軟らかく変形することで、建物への地震力の伝達を軽減する重要な部材です。構造はゴムと中間鋼板を交互に積層し、連結鋼板でサンドイッチし加硫成型されています。ゴム材料は、低せん断弾性率かつ高耐久性を有する天然ゴムを使用しております。また、中間鋼板の露出外周面に保護ゴムを装着することにより、耐候性・耐オゾン性・防湿性をさらに向上させました。
si-isolator06.jpg

寸法図

認定書