冨士電線(株)1時間低圧耐火ケーブル「1HEM-SH-C」を開発、販売開始

冨士電線株式会社

1時間低圧耐火ケーブル「1HEM-SH-C」を開発、販売開始
ー火災時の通電可能時間が30分から60分へ倍増ー

 冨士電線株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:兒玉喜直)は、ビルの高層化や高齢化による、火災時の消火・避難誘導の長時間化に対応した、1時間低圧耐火ケーブル「1HEM-SH-C」を開発し、本日より販売を開始いたします。
 火災時の通電可能時間が30分から60分へ倍増し、非常電源回路用のケーブルとして、消防用設備の動作時間延長に貢献します。


開発の背景

 2013年6月に(一社)電気設備学会に設置された調査委員会での研究により、ビルの高層化や高齢化を背景とした消火活動・避難誘導の長時間化を考慮した場合、現行の30分/840℃を超える、60分/925℃の火災環境に耐えうるケーブル開発の必要性があるものと報告書に纏められ、(一社)電線工業会でこれを202010月に規格化しました。
 これを受け当社では、製品開発を進め、これまでに培ったケーブル製造技術、更には、材料メーカーと共同開発したマイカテープの活用により、従来から大きく仕様を変えることなく、60分/925℃の火災環境(長時間化・高温度化)に耐えうる耐火ケーブル「1HEM-SH-C」の開発に成功しました。
 
P210126A.png
      1HEM-SH-C
P210126B.png
      耐火試験状況

耐火性能における要求特性比較(概要)
項 目 低圧耐火ケーブル
EM-SH-C
1時間低圧耐火ケーブル
1HEM-SH-C
加熱時間 30min 60min
到達温度 840℃ 925℃
耐電圧 加熱前後:1,500V/min
加熱中:600V/30min
加熱前後:1,500V/min
加熱中:600V/60min
絶縁抵抗 加熱前:50MΩ以上
加熱後:0.4MΩ以上
加熱前:50MΩ以上
加熱後:0.4MΩ以上
燃焼性 150㎜以下 150㎜以下

新製品の仕様・特徴(現行品との比較)
製品仕様比較
項 目 低圧耐火ケーブル
EM-SH-C
1時間低圧耐火ケーブル
1HEM-SH-C
適用告示・規格 消防庁告示第10号
「耐火電線の基準」
消防庁告示第10号
「耐火電線の基準」
JCS4506:2018 低圧耐火ケーブル JCS4506:2018 低圧耐火ケーブル
JCS4524:2020 1時間低圧耐火ケーブル
耐火層材料 マイカテープ 新規開発品マイカテープ
絶縁材料 ポリエチレン ポリエチレン
外被材料 耐燃性ポリエチレン 耐燃性ポリエチレン
① 材料メーカーと共同開発した耐火層材料(マイカテープ)を採用することで、従来品と同等の外径・重量・取扱性を実現しました。
② 現行告示・規格にも対応しているため、従来と同様な敷設環境に対応でき、更なる動作時間の延長が望まれる環境への適用が期待されます。

想定される使用シーン

・高層ビルや長距離トンネル、ショッピングセンター、高齢者施設等、火災時の避難誘導に30分以上を要することが考えられる建築物の誘導灯・非常灯をはじめとする消防用設備配線(非常電源回路)への適用に期待されます。

【消防用ケーブル配線例】
P210126E.png
P210126F.GIF
以上

【本件に関するお問合わせ先】
~照会先~
冨士電線株式会社 東京事務所 TEL:03-5217-0911 FAX:03-5217-0920
~報道機関お問い合わせ先~
昭和電線ホールディングス株式会社  事業戦略統括本部 経営企画部 IR・広報課
TEL:044-223-0520 FAX:044-223-0547

1時間低圧耐火ケーブル「1HEM-SH-C」を開発、販売開始PDF