IR・決算情報

コーポレート・ガバナンス

昭和電線グループのコーポレート・ガバナンスについてご紹介いたします。

基本方針

当社のコーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方は、「信頼」をキーワードとした経営理念に基づき、経営の迅速・効率化およびこれに伴うモニタリング機能の強化が企業における普遍的な課題であるとの認識の下、取り組みを進めていくことである。

また、企業として求められる社会的責任(CSR)を果たしていくことを念頭におき、昭和電線グループの業務の適正を確保するために必要な体制の整備についても積極的に取り組んでいく。

コーポレート・ガバナンス体制

当社は監査役会設置会社であり、有価証券報告書提出日現在において取締役7名(内社外取締役3名)および監査役3名(内社外監査役2名)で構成されている。現行の体制については、当社が持株会社である点、およびその事業規模に鑑み迅速かつ的確な意思決定を行う上で適正なものであると認識している。さらに当社は、CSR担当取締役を委員長とする社長直轄のCSR委員会の下に昭和電線グループを横断的に統括する9つの会議と委員会を設置し、グループのリスク管理、課題解決のための必要な対策、経営会議への答申やグループ会社のモニタリングを行っていること等から、十分なガバナンス体制が構築されているものと考える。

なお、定款において、取締役は10名以内とする旨を定めるとともに、取締役の選任決議は、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨および累積投票によらない旨を定めている。

ガバナンス体制

内部統制

昭和電線グループでは、内部統制システム構築の基本方針に定められたガバナンス体制を維持するための取締役の職務の執行状況につき、監査統括部が中心となり評価を実施し、その結果を経営者に報告しております。

また、統括部の下に設置した内部統制評価室は、財務報告に係わる内部統制の評価を行っていますが、過年度の評価結果を踏まえ、より効率的かつ効果的な評価を行うとともに、業務に内包するリスクの掘り起こしを通じて、より高い品質の業務への転換を目指してきました。

なお、評価結果や改善提案等については、評価対象となる各社の内部統制責任者から構成される内部統制責任者会議および経営会議を通じ、モニタリングを行っております。
今後とも、継続的に健全な内部統制システムの維持を行うとともに、さらなる業務の高品質化、効率化を進めてまいります。


コーポレート・ガバナンスに関する報告書  PDF 

Page Top
お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム 昭和電線ホールディングス本社地図  別ウィンドウで開きます