CSR活動

CSR活動ハイライト

昭和電線グループでは、様々なCSR活動に取り組んでいます。代表的なものをハイライトでご紹介します。

  • 国・地域に関する活動
  • 環境に関する活動

昭和電線グループは、品質・安全性に配慮した製品、技術、サービスを開発・提供しています。国内外の法令・規則を遵守し、公正・透明・自由な競争に基づく企業活動を展開しています。地域社会の一員としても、政治・行政・地域社会との健全な関係を維持し、地域社会と連携しながらよりよい関係を実現させるための活動を積極的に推進しています。

国・地域に関する活動例01

工場見学・Kids' ISO14001 プログラム活動支援

工場見学の様子

工場見学の様子

昭和電線グループでは地域コミュニケーションの一環として、地域のみなさまの工場見学を積極的に行っています。昭和電線ケーブルシステムの相模原事業所へは、NPO法人、大学、小学校、電気協会会員の方々などこれまでにたくさんの人が見学に訪れました。 また、三重事業所では、近隣小学校で環境に関する出前授業を行い、キッズISO 14001プログラムの支援をしています。

国・地域に関する活動例02

事業所周辺の環境整備

カーブミラーの清掃の様子

カーブミラーの清掃の様子

地域の美化活動として、各事業所周辺の清掃活動を定期的に行っています。三重事業所ではいなべ市市道のカーブミラーや最寄のバス停留所を定期的に清掃しています。

国・地域に関する活動例03

地域コミュニケーション活動

ウォーキング大会の様子

ウォーキング大会の様子

三重事業所では、地域で盛んなスポーツ少年野球を応援するサポーターとして、野球大会を全面的に応援しています。 仙台事業所では、地域の皆様と近隣を散策するウォーキング大会を開催しています。終了後は参加者みんなでおにぎりと芋煮をたくさん食べ、コミュニケーションを深めました。

各事業所の担当者より一言
伊藤 秋夫

所属: 昭和電線ケーブルシステム株式会社 三重事業所
氏名: 吉田 雅則

いまコミュニケーションがとても大事な時代だと思います。それは、社内や関係者だけに限ったことだけではなく、地域にお住まいの方々すべてに対してもです。会社と地域の結びつけや関わりあいなどの機会をこれからも積極的に作っていきたいと思っています。それは、昭和電線のことや私たちの仕事についてもっともっと知っていただきたいからです。

伊藤 哲夫

所属: 昭和電線ケーブルシステム株式会社 仙台事業所
氏名: 青木 淳

地域社会の一員として、地域を愛し地域と共に歩む企業市民として、環境美化などの全員参加によるボランティア、工場見学の受入等を積極的に行い昭和電線仙台事業所をもっともっと知っていただく様に社会貢献活動に取り組んでいます。

昭和電線グループは、主要な国内外の生産拠点・事務所でISO 14001を取得しています。環境への意識が高まる中国の生産拠点でもISO 14001を取得し、現地社員が中心となり環境負荷の低減に取り組んでいます。廃棄物分別の徹底、リユース・リサイクルの工夫を重ね、廃棄物の最終処分量ゼロを目指します。今後も、企業理念の中心に環境保全を位置づけ、全ての事業を通じて次世代へより良い環境を残せる製品開発を推進していきます。

環境に関する活動例01

省エネルギー

鉄道用コンテナへの積込み

CCV設備

省エネルギー活動は、改善施策が活性化の原動力のため、設備投資の段階から省エネ貢献を考慮して多くの活動テーマがあがるよう努めています。 昭和電線ケーブルシステムの相模原事業所で使用している連続架橋製造機(CCVライン)では、古くなった空気配管を整理し、電磁弁等を取付けて空気漏れを止める対策を行い、供給元のコンプレッサの省エネを図りました。

環境に関する活動例02

化学物質の管理強化

VOC排出量の目標と実績

光化学オキシダントに係わる大気汚染物質として、VOC(揮発性有機化合物)排出量の自主的削減に取組んでいます。 2015年度は、目標である「2006年度から2009年度までの平均値の20%以上削減する」に対して、34.3%と大幅な削減となりました。

環境に関する活動例03

生物多様性の保全

東芝の杜での植樹活動の様子

2011年度に、「昭和電線グループ生物多様性ガイドライン」を制定し、活動を創めました。 仙台事業所では、東芝の杜(宮城大衡)での植樹活動に参加しています。相模原事業所では、「相模原の環境をよくする会」での河川の生態調査活動に参加しています。

各事業所の担当者より一言
伊東 俊彦

所属: 昭和電線ケーブルシステム株式会社 相模原事業所
氏名: 伊東 俊彦

相模原事業所は研究開発部門をはじめ、免制震デバイス、電力製品、多彩なケーブル製造などの多種多様 な部署が同居しているのが特徴です。しかし、環境という見方では目標や施策を共有し、一緒に知恵を出 し合いながら頑張っています。環境負荷を減らすだけでなく、環境に有益な企業活動を増やしていくこ とが、我々の重要な課題です。

吉田 雅則

所属: 昭和電線ケーブルシステム株式会社 三重事業所
氏名: 吉田 雅則

当三重事業所はいなべ市の美しい自然を守りつつ、地球温暖化の防止や環境負荷の低減といった汎地球的な活動をこれまでにも増して推進しています。地域の皆様や取引先様とともに、自然環境保全に今後も継続して力を注いで活動してまいります。

小林 元一

所属: 昭和電線ケーブルシステム株式会社 仙台事業所
氏名: 石田 博也

環境国際規格ISO14001 認証を1998年に宮城県でいち速く取得した仙台事業所は今も環境保全についてもトップ事業所であると自負します。大きな成果である太陽光発電による二酸化炭素削減やゼロ・エミッションの実現などの活動を通して、環境保全に継続的に取り組みます。

  • 国・地域に関する活動
  • 環境に関する活動
Page Top
お問い合わせはこちら
お問い合わせフォーム 昭和電線ホールディングス本社地図  別ウィンドウで開きます