昭和電線グループのCSR

  1. HOME
  2. CSRの取り組み
  3. 環境

ENVIRONMENT
環境

基本的な考え方

昭和電線グループは、経営理念に沿った環境理念、環境方針を定め、グループ一体となって環境保全活動に取り組んでいます。

環境理念

昭和電線グループは、かけがえのない地球を健全な状態で次世代へ引き継ぐことが我々企業市民の使命であることを認識し、すべての事業活動を通じ環境保全に努め、持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。

2017年度環境方針

  1. 法令およびその他の要求事項の順守

    法令、条例およびその他の要求事項の順守はもとより、より厳しい自主管理基準を設けて環境保全に努めます。

  2. 環境マネジメントシステムの継続的改善

    事業活動、製品およびサービスが環境に与える影響を客観的に評価し、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図ります。

  3. 環境パフォーマンスの向上

    重点テーマを定め、昭和電線グループ全体の環境パフォーマンスの向上に努めます。

  4. 教育と啓発の充実

    社員一人ひとりの環境意識を高めるため、教育・啓発を充実します。

2017年度環境保全活動の
重点テーマ

  1. 地球温暖化防止の活動を推進します。
  2. 資源有効活用を推進します。
  3. 化学物質の管理強化に努めます。
  4. 環境貢献製品の拡大を推進します。
  5. 生物多様性の保全に努めます。

推進体制

グループ環境保全活動の目標と計画を、CSR委員会の下部組織である環境管理委員会で審議、決定します。決定された目標と計画を、グループ各社および各事業所、工場に展開し、事業領域や地域の特性に即した環境保全活動を行っています。

グリーン調達の推進

昭和電線グループは、経営理念、環境理念の認識に立って、資材調達活動においてもその必要性を十分に考慮した購入を心掛け、環境に与える負荷ができるだけ小さい製品の優先的購入を推進しています。

2017年度の活動事例

省エネルギー:
機械整備による損失低減

SDGs
対応項目

  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 12 つくる責任つかう責任

約50年にわたり稼働を続けてきた設備の全面的なオーバーホールを実施しました。老朽化が著しく、突発故障を回避する上でも整備が必要な時期を迎えていました。
対象の設備は、「筒型4ケ撚機」と呼ばれるもので、筒型のケージをローラーで受け、主軸を介して駆動する構造です。生産計画を調整し、約1ケ月かけてオーバーホールを実施しました。
この整備により、経年劣化で発生していた主軸の芯ブレが解消され、メインモータ(DC75kW) の消費電力が低減され、電力使用量が約30%削減されました。また、付帯効果として、設備から発生する騒音が抑制され、作業環境が向上しました。

オーバーホール前
オーバーホール前
オーバーホール中
オーバーホール中

有害廃棄物の削減:
生分解性スクラブを使用した
業務用石鹸への変更

SDGs
対応項目

  • 14 海の豊かさを守ろう

青森昭和電線(株)では、工場内で使用している油汚れ落とし用の手洗い石鹸を、生分解性スクラブを使用したタイプに全面的に変更しました。生分解性スクラブを使用した石鹸は、従来タイプに比べて大変高価ですが、昨今、マイクロプラスチックによる海洋汚染、海洋生物への影響が深刻化しており、環境保全の観点から変更しました。

揮発性有機化合物(VOC)
大気排出量削減:
エナメル線製造におけるVOC
排出量の削減

SDGs
対応項目

  • 13 気候変動に具体的な対策を

エナメル線の製造では、溶剤を含む塗料を乾燥させる工程があり、その工程でVOCを含む排ガスが発生します。この排ガスに含まれるVOCの大半は、設備に付帯されている燃焼装置で燃焼させて熱として再利用していますが、燃焼しきれなかったVOCは大気に放出され、大気汚染を引き起こします。燃焼装置では、燃焼を効率的に行うために触媒を使用していますが、効率の良い触媒を選定し、VOC排出量の削減を図ってきました。しかしながら、触媒の汚染が進むと触媒の効果が低下することが明らかになりました。
そこで、定期的にメンテナンス(触媒の洗浄)を行うことで、さらなるVOC排出量の削減を図りました。
この取り組みにより、従来との比較で約9%のVOC大気排出量の削減を図ることができました。

触媒の外観
触媒の外観
触媒洗浄の様子
触媒洗浄の様子

生物多様性への取り組み:
準絶滅危惧種カザグルマの定植

SDGs
対応項目

  • 15 陸の豊かさも守ろう
カザグルマ
カザグルマ

相模原事業所では、「相模原のカザグルマを守る会」のご指導、ご協力のもと、事業所構内でカザグルマの定植活動に取り組んでいます。カザグルマは、環境省のレッドデータブック(日本の絶滅のおそれのある野生生物)において準絶滅危惧種に指定され、神奈川県においても絶滅危惧ⅠB類に指定されています。
この取り組みも2年目を迎え、写真に示すようにきれいな花を咲かせることができました。まだ、一部の従業員の活動に留まっていますが、事業所内で活動の輪を広げ、地域の生物多様性保全に繋がることを期待しています。

廃電線リサイクル

SDGs
対応項目

  • 12 つくる責任つかう責任

昭和電線グループでは、循環型社会の実現に寄与するために環境負荷の少ない製品・資源リサイクルに配慮した製品開発、限りある資源のリサイクルに取り組んでいます。グループの中で、資源循環、リサイクル事業の一翼を担うのが、昭和リサイクル(株)です。
昭和リサイクル(株)では、昭和電線グループ内の各企業並びにお客様(電力会社、通信事業者、電気工事業者など)で発生する廃電線や撤去電線・ケーブルを回収し、解体処理を通して銅、アルミなどの金属類と塩化ビニル・ポリエチレンなどの廃プラスチック類などに分別し、リサイクルに供することにより、循環型社会の形成に寄与しています。

廃電線リサイクルシステム

回収された廃電線を剥線解体処理用、ナゲット処理用に分け、「品種、サイズ、構造、材質」で分別しておきます。

太物電力ケーブルは、剥線機を用いて、導体、絶縁体、遮蔽層、被覆層それぞれの部分を剥ぐように取り分けます。汎用電線はそのままナゲットラインに投入し、ナゲット銅とPVC、PEのプラスチックに分離します。メタル通信ケーブルは同じ剥線機を使い、外側の被覆層と中のコア芯線とに分け、取り出したコア芯線はナゲットラインに投入して、ナゲット銅とプラスチックに分離させます。光ケーブルは粉砕機にて細かく粉砕する工程内で金属物、プラスチック、廃棄物に分けています。金属とプラスチックの分別は、比重分別、磁気分別などにより行っています。

分別回収された銅は、再び電線・ケーブル用の材料として再利用されています。また、プラスチックの一部は、樹脂製の板などにマテリアルリサイクルされています。また、PE系樹脂は燃料としてサーマルリサイクルされています。

会社概要

昭和リサイクル株式会社
会社設立:1966年6月
作業所:相模原作業所、仙台作業所、愛知作業所
従業員:約40名
主要設備:ナゲット式電線解体装置、解体機、シャーリング切断機
環境マネジメントシステム:エコアクション21取得(2002年10月)