製品情報

精密デバイス

このページでは、電子写真方式の複写機・プリンタの熱定着ローラ及び定着ベルトに関する情報を提供しております。随時、更新をしていきます。ご意見、ご要望をお寄せ下さい。


  • 定着ベルト

    薄肉チューブローラの金属軸の代わりに数十μm厚さレベルのポリイミドないしは金属スリーブを使用し、ゴム厚を300μm前後としたものです。定着部材の熱容量が小さいため、最短時間でのウォームアップが図れます。

  • 薄肉チューブローラ

    ・低硬度チューブローラの構成の中で、特に、芯軸として中空芯軸を用い、軸厚、ゴム厚共1mm以下に構成したことが特長です。
    ・ウォーミングアップ時間を短くした省エネ定着器の定着ローラとして好適です。

  • スポンジチューブローラ

    ・低硬度チューブローラの構成の中でスポンジシリコーンゴムを使用しております。
    ・ニッブ圧が低く、ワイドなニップを確保できることで、定着と用紙走行の安定性が確保できます。
    ・加圧ローラに好適。断熱性に優れるため、ウォーミングアップ時間の短縮を図ることが可能です。

  • 低硬度チューブローラ

    ・アルミ、鉄などの芯軸上に、JIS硬度10°以下のシリコーンゴムを成形し、フッ素樹脂チューブを表層に設けました。
    ・これらを一体成型で製造することで安価に仕上げています。
    ・加圧ローラ、定着ローラの双方に使用可能です。

Page Top