企業情報

昭和電線ケーブルシステムのカタログ一覧はこちら

経営からのメッセージ

「電力・通信インフラ関連から精密デバイスまで幅広い製品で社会に貢献」


    取締役社長  田中 幹男

安心・安全に、人々が暮らしていく未来を実現するために、私たち昭和電線ケーブルシステムは、電力・通信インフラ関連から精密デバイスまで幅広い製品・サービスをご提供しています。

私たちを取り巻く事業環境は常に変化しています。例えば、電力小売自由化、発送電分離、老朽化した電力インフラの更新、アジアにおける電力・通信インフラ投資の拡大などです。また、変わらないニーズとして、地球環境の負荷低減、音響や振動に配慮された安全で快適な生活の実現など幅広い分野に貢献するため、積極的に新たな製品・サービスを提案していきます。

2006年4月に昭和電線電纜株式会社(現:昭和電線ホールディングス株式会社)の基盤事業である電線・ケーブルに関する事業が分割され、それを継承する会社として発足しました。2015年10月には、電力インフラを支えてきた株式会社エクシムと合併、2017年4月には、精密デバイス、振動制御製品、建築用免震装置等を供給する昭和電線デバイステクノロジー株式会社と昭和電線ビジネスソリューション株式会社を合併したことから、従来以上に総合的なご提案ができるものと自負しています。

私たちは一人ひとりが企業の社会的責任を認識した行動をとり、昭和電線グループの総合力を結集して、新しい風土、よき伝統を築き上げながら社会に信頼され、「お客様」から高い信頼を得られる企業をめざしてまいります。

経営理念

  1. お客様、株主、従業員及びすべての皆様に信頼される企業価値を創造します。
  2. 法令遵守に徹し、企業の社会的責任を果たし、地域社会と地球環境の持続的発展に努めます。
  3. 電線・ケーブル部門とデバイス部門の事業を通じ高い技術力と品質の製品を提供することにより、お客様の信頼を深めます。
Page Top